石

浄化方法

パワーストーンの浄化方法はさまざまあります。
一番簡単でおすすめなのは水晶による方法です。

<水晶>
水晶自体が強い城下力を持っているので、水晶の上に載せたりそばに置いておくだけで浄化効果はあります。
クラスター状のものが適していて、浄化用の水晶として1つ持っておくと便利です。
一晩から3日くらいが目安になります。

<水>
水道の蛇口を細く開け、ちょろちょろ流れる少量の水にパワーストーンをさらすようにしましょう。
浄化したパワーストーンは柔らかい布で優しく押さえるようにして水分を拭くと良いでしょう。
1時間程度が目安です。
アクセサリー加工されているパワーストーンや、アンバーやターコイズ、ラピスラズリのように水に弱いパワーストーンには向きませんのでご注意ください。

<光(日光浴)>
日光浴による浄化を行う場合は、午前中の(できれば10時頃まで)太陽の光に当たるようにします。
10分から3時間までが目安です。(夏など光が強いときは10分〜30分程度にしましょう)
アクアマリンやクォーツ、エメラルドなどは光に弱いので向きませんが、それ以外のパワーストーンも強い光に必要以上さらされることによって色あせや劣化の原因にもなりますので注意が必要です。

<月(月光浴)>
新月以外の月の光に当てるようにします。
外で雨風にさらすより室内の窓際においておくほうが良いでしょう。
特に満月の光は強力なパワーを秘めていますのでおススメです。
月光浴に向いているパワーストーンも、ムーンストーンやテクタイトなど宇宙的な意味合いのもつパワーストーンにおススメです。

<塩>
自然塩を容器に敷き、パワーストーンのベッドを作るようにして乗せます。
疲れが多そうであればいっぱいの塩の中に埋めるようにしてあげるのも効果的ですが、浄化後は柔らかい布などで優しく拭いてあげましょう。
数時間が目安です。
使用後のお塩はお料理などに再利用せずに処分するようにしてください。
お塩の浄化に向かないものは金具の付いているアクセサリーにしているパワーストーン全般、オパール、ターコイズ、ヘマタイトなど多数ありますので注意が必要です。

<土>
そして、疲れが強いパワーストーンの力を回復させたかったり、石に邪気が宿ってしまったときには土の中に埋める方法をおススメします。
日当たりの良い土の中に1週間〜1ヶ月程度がベストです。
土の浄化の後には水洗いの必要性が出てきますので、水に弱いパワーストーンなどの場合は加味や布にくるんだ状態でも大丈夫です。

その他音によるものやお香による方法もあります。
Copyright(c) 2011 天然石 All Rights Reserved.